ゴトウ スミエ   GOTO, Sumie
  後藤 澄江
福祉経営学部 医療・福祉マネジメント学科
教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2018/03
形態種別 その他(論文)
標題 相対的貧困が子どもの「人生目標」にもたらす影響と支援の方向性 -「愛知子ども調査」の結果を踏まえて-
執筆形態 単独
掲載誌名 愛知子ども調査報告書(第Ⅲ部)
掲載区分国内
出版社・発行元 愛知県・愛知県子どもの貧困対策検討会議
巻・号・頁 12-21頁
概要 「愛知子ども調査」から、愛知県の場合、子どもの相対的貧困率が低いにもかかわらず、次世代の貧困へとつながるという貧困の世代間連鎖は強化されつつあると懸念されるデータが確認された。特に気になる点としては、親世代の学歴と所得との間には相関が見出されたこと、そして、親世代の所得や学歴が低いことやひとり親であることが、いまの子ども世代の家庭での学習環境や学校外での教育機会・文化活動に否定的な影響をもたらしていることである。さらに、相対的貧困状態にある子どもには、低い所得という経済資本の不足とともに、地域の場や学校の場での社会関係資本の不足も把握されたことである。
 育った環境にかかわらず、すべての子どもが人生をあきらめることなく、潜在能力を100%開花させることができるように、学校内外での平等な教育機会を提供する政策や支援実践の重要性を指摘した。そして、子ども自身が「人生の目標」を見つけることに及ぼす相対的貧困の負の影響を軽減するため、家庭・学校・地域・行政等が取り組むべきことは何かについて考察を加えた。