ゴトウ スミエ   GOTO, Sumie
  後藤 澄江
福祉経営学部 医療・福祉マネジメント学科
教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1990/01
形態種別 学術雑誌
査読 査読あり
標題 家事労働理論の統合への一試案-生命再生産労働の一特殊形態としての家事労働
執筆形態 単独
掲載誌名 ソシオロジ
掲載区分国内
巻・号・頁 34(3),21-38頁
概要 本論文は、家事労働の体系化に必要な基礎概念について、社会学的な検討を加えた修士論文「『家事労働』の社会学的考察―現状と展望ー」での考察を踏まえて、執筆・投稿したものである。
まず、「家族内での家事役割分担の再編」と「家事労働の社会化」という二つの方向性を統合的に把握できる「家事労働役割」の説明図式を導くことを試みた。
つぎに、家事労働を「社会に必要な生命再生産労働の一特殊形態」と位置づけることによって,新たな分析概念を導いた。生命再生産労働が遂行される典型的領域(セクター)として,家族,地域,行政,企業の4つを抽出するとともに,それぞれの領域で遂行される生命再生産労働を,<家事労働><地域労働><公務労働><企業労働>と命名した。
そして、近現代日本における対人サービスの担い手領域の変遷の分析を一例として、「家事労働役割」の説明図式の有効性を検討した。