イシイ フミヤス   ISHII, Fumiyasu
  石井 文康
健康科学部 リハビリテーション学科
教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2006/07
形態種別 その他(論文)
査読 査読あり
標題 「前頭葉性認知・行為障害への作業療法の試み 前頭葉腫瘍切除後の認知リハビリテーション」
執筆形態 共同
掲載誌名 『作業療法ジャーナル』
出版社・発行元 三輪書店
巻・号・頁 第40巻(7号),795-800頁
著者・共著者 共著者::石井文康、堀場充哉、谷川元紀、祖父江和哉、小鹿幸生
概要 前頭葉性認知・行動障害は主に前頭葉外側部の病変が特徴的と言われている。作業療法場面において実際の担当する前頭葉性障害の症例は、前頭葉性認知・行動障害のみの障害は稀であり、広範な前頭葉損傷の場合では多彩な症状で注意、記憶、言
語などの障害が重複し、さらに意識・意欲低下、感情失禁などの精神症状を呈することもあり、リハビリテーションを実施していくのは極めて困難なことにしばしば遭遇する。右前頭葉外側部の腫瘍の症例に腫瘍切除術中において前頭葉機能の覚醒時脳機能マッピングを行った。術後、概念の転換、流暢性、注意、ワー