タカギ ヒサシ   TAKAGI, Hisashi
  髙木 尚
教育・心理学部 子ども発達学科
教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2011/11
形態種別 単行本
標題 障害の重い子どもの授業づくり Part4
執筆形態 共同
掲載区分国内
出版社・発行元 ジアース教育新社
巻・号・頁 283-294頁
総ページ数 307
担当範囲 第2章実践事例 4 障害の重い子どもたちとの授業づくりを考える-「おはなし」の授業を通して
著者・共著者 編者:飯野順子
共著者:飯野順子、木村泰子、徳永亜希雄、坂口しおり、鶴宣彦、諏訪勝巳、渡辺京、中村敬子、川上康則、小河原芳江、佐藤真理子、松原豊、吉川知夫、佐々木陽子、阿部晴美、山下さつき、佐重沙和、高木尚、泉真一、小暮佳弘
概要 根拠に基づく専門性の高い授業力の向上のためには、授業をデザインする力を高めることが必要との見地から、子どもの実態把握の方法と実践的なしでょう技法の2つの視点から専門性を高める授業づくりを紹介した著書である。本人担当部分を単著。授業づくりにおける、実態と課題の把握、教材観、目標、指導観、指導計画、授業の評価などを明確にするためには、文化財を子どもたちの実態に応じて3次にわたって「翻訳」することが有効であることを実践に基づいて記述した。