アライ ヒロシ   ARAI Hiroshi
  新井 博
スポーツ科学部 スポーツ科学科
教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2011/05
形態種別 その他
招待論文 招待あり
標題 『スキーの歴史連載:日本スキーのパイオニア・レルヒ少佐』
第10回「レルヒが高田で紹介したスキー技術について」
執筆形態 単独
掲載誌名 SIA NEWS
掲載区分国内
巻・号・頁 153,8頁
概要 レルヒが明治44年1月12日から将校達にスキー訓練を行った特徴の1つは、アルペンスキー技術を指導したことであった。技術の内容は、オーストリアのツダルスキーにより体系づけられたアルペンスキー技術であった。実際の指導の内容は、主に最初平地での訓練。次は中斜面での訓練(立つ、歩く、回転、滑る、ブレーキ、ジャンプなど)。最後に、急斜面での訓練(歩く、登る、回転、斜滑降、制動回転、くねった回転など)であった。