イトウ タケオ   ITO, Takeo
  伊藤 猛雄
健康科学部 リハビリテーション学科
教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2013/06
形態種別 その他(著書)
招待論文 招待あり
標題 静脈グラフト狭窄とセロトニン.
執筆形態 共同
掲載誌名 International Review of Thrombosis
掲載区分国内
巻・号・頁 8(2),120-124頁
担当範囲 共同研究につき抽出不可能
著者・共著者 伊藤猛雄, 古森公浩.
概要 静脈グラフトの内膜肥厚と血管狭窄の発生機序におけるセロトニン(5-HT)の役割について概説した。特に、5-HTは5-HT 2A受容体を介して平滑筋細胞の増殖を促進しるとともに、5-HT 1B受容体の発現増加と5-HT7受容体の発現減少により攣縮を発生させ、静脈グラフトの狭窄を発生する可能性を明らかにした。