イトウ タケオ   ITO, Takeo
  伊藤 猛雄
健康科学部 リハビリテーション学科
教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1997/11
形態種別 その他(論文)
招待論文 招待あり
標題 【動脈のスパズム 動脈平滑筋細胞の収縮弛緩機序-攣縮との関連-.
執筆形態 共同
掲載誌名 病理と臨床
掲載区分国内
巻・号・頁 15(11),1017-1021頁
著者・共著者 上村裕一, 伊藤猛雄.
概要 動脈攣縮は過度の平滑筋細胞の収縮が持続する異常な病的状態と考えられる。この血管攣縮が疾患の原因として考えられているものとして、冠血管の攣縮による虚血性心疾患、クモ膜下出血後の脳血管攣縮などがある。これらの疾患の病態解明、治療のため、血管攣縮の発生機序の解明は重要な課題と考えられる。本稿では、血管の収縮-弛緩機序と攣縮との関係について概説した。