イトウ タケオ   ITO, Takeo
  伊藤 猛雄
健康科学部 リハビリテーション学科
教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2001
形態種別 学術雑誌
招待論文 招待あり
標題 妊娠中毒症抵抗血管における内皮由来nitric oxideの検討.
執筆形態 共同
掲載誌名 日本妊娠中毒症学会雑誌
掲載区分国内
巻・号・頁 9,45-48頁
担当範囲 共同研究につき抽出不可能
著者・共著者 山本珠生, 鈴木佳克, 小島和寿, 村上勇, 鈴森薫, 梶栗潤子, 多田豊曠, 伊藤猛雄.
概要 妊娠中毒症の病態の主要因として血管内皮の機能異常が考えられている。我々は、妊娠中毒症抵抗血管の内皮機能異常の実態およびその発生機序に関する研究を行い、その異常が一般の高血圧患者で認められるものと異なり、妊娠中毒症に特徴的なものであること、また、内皮細胞由来NOの機能減弱が、従来の説とは異なり、NOの血管平滑筋への反応性減少に起因すること等を明らかにした。最近の我々の知見を中心に、妊娠中毒症抵抗血管の内皮機能異常の特徴的変化について概説している。