イトウ タケオ   ITO, Takeo
  伊藤 猛雄
健康科学部 リハビリテーション学科
教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2006/07
形態種別 その他(著書)
招待論文 招待あり
標題 【高血圧 最新の研究動向】基礎編 臓器障害発症因子 血管内皮機能障害 活性酸素種.
執筆形態 共同
掲載誌名 日本臨床
掲載区分国内
巻・号・頁 64(増刊5),249-253頁
著者・共著者 伊藤猛雄, 渡邊義将, 梶栗潤子, 草間宣好.
概要 血管内皮細胞の機能障害に内皮細胞自身や平滑筋細胞の活性酸素種の発生増加が関与していると言われている。活性酸素種による内皮細胞の機能障害について、内皮由来血管弛緩因子の機能異常を中心に概説している。