イトウ タケオ   ITO, Takeo
  伊藤 猛雄
健康科学部 リハビリテーション学科
教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2002/10
形態種別 単行本
招待論文 招待あり
標題 解明のための基礎知識:硝酸薬の作用機序."硝酸薬耐性Update" 伊藤猛雄、木之下雅彦編
執筆形態 共同
出版社・発行元 メディカル フロント インターナショナル リミテッド
巻・号・頁 3-21頁
総ページ数 134
担当範囲 解明のための基礎知識:硝酸薬の作用機序.
著者・共著者 伊藤猛雄、上村裕一.
概要 虚血性心疾患に対する硝酸薬の効果は、末梢静脈拡張による静脈還流量の減少に基づく前負荷の軽減、末梢動脈拡張による心臓の後負荷の低下とそれによる心筋酸素消費量の減少、冠動脈拡張による冠血流量の増加に起因することより、硝酸薬の作用は血管平滑筋の弛緩作用に関係していると考えられる。耐性発現機序の理解を深めるために、硝酸薬による血管平滑筋弛緩機序について詳しく解説している。