イトウ タケオ   ITO, Takeo
  伊藤 猛雄
健康科学部 リハビリテーション学科
教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2002/10
形態種別 単行本
招待論文 招待あり
標題 耐性発現機序の研究の経緯."硝酸薬耐性Update" 伊藤猛雄、木之下雅彦編
執筆形態 共同
掲載区分国内
出版社・発行元 メディカル フロント インターナショナル リミテッド
巻・号・頁 23-42頁
総ページ数 134
担当範囲 硝酸薬:耐性発現機序の研究の経緯.
著者・共著者 伊藤猛雄、梶栗潤子.
概要 狭心症治療薬として使用されているニトログリセリンなどの硝酸薬は、長期投与により耐性が発現することから臨床上問題となっている。硝酸薬耐性の発現機序について、過去からの研究の流れとともに最新知見を交えて解説している。