イトウ タケオ   ITO, Takeo
  伊藤 猛雄
健康科学部 リハビリテーション学科
教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1986/03
形態種別 単行本
招待論文 招待あり
標題 亜硝酸薬の作用機序.(村松覚編)
執筆形態 共同
掲載区分国内
出版社・発行元 医歯薬出版
巻・号・頁 12-26頁
担当範囲 亜硝酸薬は血管にどう作用するか-作用機序を中心として-.
著者・共著者 藤岡正彦、末松栄一、伊藤猛雄、栗山煕.
概要 亜硝酸薬の血管平滑筋弛緩機序は未だ十分には明らかにされていないが、近年、cGMPの産生との関連が報告されてきた。本稿では、血管平滑筋の収縮-弛緩現機序を紹介し、また、ニトログリセリンやニトロプルシッドナトリウム、ISDNの作用やβ作動薬の作用との比較に関する我々の知見を概説した。