イトウ タケオ   ITO, Takeo
  伊藤 猛雄
健康科学部 リハビリテーション学科
教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1984/02
形態種別 単行本
標題 亜硝酸剤 -基礎と臨床-.栗山煕、阿部裕編
執筆形態 共同
掲載区分国内
出版社・発行元 医薬ジャーナル社
巻・号・頁 24-49頁
総ページ数 26
担当範囲 摘出血管平滑筋への作用.
著者・共著者 伊藤猛雄、鈴木光.
概要 硝酸薬の作用機序に関する基礎と臨床の解説書
亜硝酸薬による血圧降下や血流増加作用は血管平滑筋への直接作用によると考えられている。本稿では、これまでに報告されている亜硝酸薬の研究を紹介し、摘出血管に対する亜硝酸薬の作用に関する我々の実験結果と比較しながらその作用機序について考察した。亜硝酸薬は平滑筋細胞膜の電気的性質に変化を及ぼすことなく収縮張力を低下させること、そしてその作用点は細胞内に存在すること等を概説している。