イトウ タケオ   ITO, Takeo
  伊藤 猛雄
健康科学部 リハビリテーション学科
教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1984/11
形態種別 その他(著書)
招待論文 招待あり
標題 α受容体.
執筆形態 共同
掲載誌名 蛋白質・核酸・酵素
掲載区分国内
巻・号・頁 29(suppl.),1338-1352頁
担当範囲 共同研究につき抽出不可能
著者・共著者 末松栄一, 上村裕一, 伊藤猛雄, 栗山煕.
概要 血管平滑筋組織に分布するα受容体の亜型の生理学的、薬理学的特性について概説した。α1受容体は、主作用として細胞内へのCa2+流入と細胞内貯蔵部位からのCa2+遊離をもたらす。α2受容体は、神経末端でCa2+の流入を抑制し、筋側でCa2+流入を促進する。また、神経筋接合部内受容体の活性化はCa2+スパイクを発生することにより収縮を発生させ、接合部外受容体の活性化は主に受容体活性化イオンチャネルを介したCa2+流入により収縮を発生させることを示した。