シバタ ヤスマサ   SHIBATA, Yasumasa
  柴田 康正
教育・心理学部 子ども発達学科
教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2003/03
形態種別 大学研究所等紀要(論文)
標題 学習指導要領の「生命に対する畏敬の念」をめぐる研究ノート
執筆形態 単独
掲載誌名 『教育におけるアドミニストレーション』
掲載区分国内
出版社・発行元 名古屋大学教育発達科学研究科教育経営学研究室
巻・号・頁 (5),79-91頁
概要 1997年11月の教育課程審議会「教育課程の基準の改善の基本的方向について 中間まとめ」において、「生命への畏敬の念」はどこにも使われていない。その一方で、これまで道徳教育の中で使われなかった「人権」や「平和」という言葉が挿入されている。「畏敬の念」というのは、道徳教育の文脈では「生命に対する畏敬の念」もしくは、「人間の力を超えたものに対する畏敬の念」という言葉で表現されてきている。これまで、道徳教育において、「生命に対する畏敬の念」というのは特別な意味を持つ言葉であった。変更の背後に、経済界からの「教育改革」への要求が反映しているのと考え、教育課程審議会答申だけでなく、経済界の答申や中央教育審議会答申によって検討をした。