ナガエ ミヨコ   NAGAE, Miyoko
  長江 美代子
看護学部 看護学科
教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2008/03
形態種別 その他(学外)
標題 米国の専門看護師教育から学ぶべきポイント
執筆形態 単独
掲載誌名 看護教育第49巻第3号
巻・号・頁 272-273頁
概要 米国高度実践看護師教育の要素を日本の専門看護師教育のなかに取り入れようと試みた。要素としては、アサーティブであること、リーダーシップがとること、自律して看護実践できること、そして基盤の知識技術である“3P’s”(Path physiology、 Physical Assessment、 Pharmacology)があげられた。コースワークでは、アサーティブネスを鍛えるために、ディスカッションに工夫をこらした。発表者は準備したテーマについてプレゼンテーションをするが、かならず思考を深めるようなディスカッションクエスチョンを提起し、ディスカッションをリードするためリーダーシップを発揮する必要がある。実習では臨地実習先との交渉を実習のスタートに設定した。3P’sは日本ではまだ準備段階である。コースを修了した学生のフィードバックでは、アサーティブネスとリーダーシップに対しては効果があったが、実習先との交渉のプロセスは、困難が多くサポート体制を整える必要がある。