ナガエ ミヨコ   NAGAE, Miyoko
  長江 美代子
看護学部 看護学科
教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2008/02
形態種別 その他(学外)
標題 シラバスは学習を積極的に導くもの
執筆形態 単独
掲載誌名 看護教育第49巻第2号
巻・号・頁 176-177頁
概要 シラバスに関する認識が「講義のおおまかな学習計画」から「体系的に学生の学習を積極的に導くもの」という理解に変化した要因は何であったのか。米国大学院留学中の経験を振り返って分析し、日本の看護教育活動に生かすための方向性を考察した。シラバスに忠実に課題をこなすことで、確実に学習目標に到達できていた。またシラバスの内容が正確に評価に反映されているフィードバックが、さらに学生を積極的にシラバスに従おうとする姿勢を導いていた。このように体系的に吟味されたシラバスによって、学生の目標到達度と教育方法の関係をより正確に把握できると考える。日本での教育活動に導入するにはカリキュラムを体系的に整備する必要がある。有効なシラバス作成のためには、予習の定着と学習目標達成度評価に対する視点の変化を促す働きかけの必要性が示唆された。