ナガエ ミヨコ   NAGAE, Miyoko
  長江 美代子
看護学部 看護学科
教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2009/03
形態種別 その他(論文)
査読 査読あり
標題 被虐待が疑われる患児に対する看護師による関連機関への通告行動に関する実態調査-小児科に勤務する看護師に焦点をあてて-
執筆形態 共同
掲載誌名 三重県立看護大学紀要第12巻
巻・号・頁 17-28頁
著者・共著者 冨永礼子、船越明子
概要 小児科に勤務する看護師の被虐待が疑われる患児に対する関連機関への通告行動の実態を、看護師の虐待に関する知識・認識、介入技術、病院の対応システムの三点に着目して明らかにした。小児科外来または小児の入院施設を有する病院に勤務する看護師で被虐待を疑った経験をもつ54名に対し、自記式質問紙調査と半構成的インタビューを行った。その結果、対象者のなかで誰一人として自ら児童相談所などの関係機関に通告した者はいなかった。看護師は、虐待や通告に関する知識不足や、虐待事例にどのようにかかわったらよいかわからない、通告につなげるためのシステムが確立していないという問題を抱えていることが明らかになった。今後、看護師の卒後教育の充実、なかでも病院内で虐待に関する研修の充実が必要であることが示唆された。担当部分:共同研究につき本人部分抽出不可能