ナガエ ミヨコ   NAGAE, Miyoko
  長江 美代子
看護学部 看護学科
教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2008/08
形態種別 その他(論文)
標題 コミュニティベースドゥーラモデルの導入:周産期における母子・家族への心理・社会的支援
執筆形態 共同
掲載誌名 Child Research Netドゥーラ研究室
著者・共著者 友田尋子、岸利江子
概要 Community‐based Doula(ドゥーラ)Model は、ドゥーラサポートを用いたソーシャルサポートモデルである。本日米共同研究は周産期医療におけるケアの質を改善し母子保健の水準の向上を長期目標としている。本研究では、特定したコミュニティを対象に、このドゥーラモデルを基盤とした周産期支援プログラムを開発する。共同研究の予備調査として、米国プログラム開発事業所からMs. Abramson(所長)とMs. Weiginger(ドゥーラ)を日本に招聘して実施した2回のセミナーとアンケート調査を分析した。参加者は看護学生(77名)とそれ以外(専門職を多く含む一般、83名)であり、参加者の95%は女性であった。参加者の主意見は、すべての妊産婦に、等しく、本人が必要と感じる限り、必要なすべてのドゥーラサポート、特に心理的サポートが提供されるべき;サポートを受ける妊婦にとっては無料であるべきなどであった。ドゥーラの必要性は確認できたと結論づけ、特定地域の女性の健康問題把握へとすすめることとした。担当部分:共同研究につき本人部分抽出不可能