ニイミ アヤコ   NIIMI, Ayako
  新美 綾子
看護学部 看護学科
准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2018/03
形態種別 大学研究所等紀要(論文)
標題 看護学部設置後2年間の「基礎看護学実習Ⅰ」の取り組みと今後の課題
執筆形態 共同
掲載誌名 日本福祉大学全学教育センター紀要
掲載区分国内
巻・号・頁 (6),117-127頁
著者・共著者 渡邉亜紀子 宮腰由紀子 新美綾子 水越秋峰 西土泉 加藤治実
概要 看護学生にとり最初の臨地実習である「基礎看護学実習Ⅰ」は、実際の看護活動を見学し自らも看護を行う重要な学習機会であり、科目展開に関わる大学教員と臨地実習指導者は連携して看護学生を支援する必要がある。本稿では、看護学部設置後2年間の実習準備期間・実習展開期間・実習終了後の各期における実習担当教員間・大学と臨地実習病院間・大学教員と臨地実習指導者間の連携等の取り組みを、学生の実習評価等を分析・検討した。その結果、①実習準備期間の連絡調整会議で実習指導担当者間の認識が共通化され、②実習展開期間に大学教員による病棟での指導が学生の学習に好影響を与え、③実習終了後の学生実習報告会への臨地実習指導者の参加ならびに連絡調整会議での実習評価が実習効果の向上と今後の連携強化に貢献したこと、が示唆された。今後の課題として、実習展開中の学生の学習取組み及びコミュニケーション力の強化対策の検討の必要が指摘された。