カナモリ カツヒロ   KANAMORI, Katsuhiro
  金森 克浩
スポーツ科学部 スポーツ科学科
教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2010/11
形態種別 学術雑誌
標題 触覚を活用したサウンドデバイスの開発~ヒトの指先の硬さ感覚の活用~
執筆形態 共同
掲載誌名 『電子情報通信学会 技術研究報告ET 教育工学』
掲載区分国内
巻・号・頁 110(312),37-40頁
担当範囲 研究分担と知見の提供
著者・共著者 土井幸輝、西村崇宏、赤平仁奈、藤本浩志、金森克浩、他1名(5番目)
概要 視覚、聴覚、触覚などの感覚器の中で、触覚は原始的な感覚である。また、視覚や聴覚とは異なり、物に触れる事に基づいた感覚で体感的なものである。心理学の分野では、触れることへの抵抗感と性格の関係が調べられ、モノに触れる抵抗感のある大学生と情緒不安定な大学生の関係に高い相関があるとも言われている。著者は、現代のような視聴覚メディアが中心となった時代において、触覚の重要性に改めて注目し、的確に触覚刺激を活用することは大切なことであると考える。そこで、先行研究において触知覚特性の中で、ヒトが触って直感的に違いがわかる硬さ感覚に注目し、ヒトの指先の硬さ感覚の関係を心理物理実験により調査を行った。本研究では、上述の硬さ感覚知覚の知見を基に、硬さの違いが知覚でき、同時に硬さに応じて音の違いも知覚できる触感と音感を同時に呈示することでユーザがこれまでにない楽しみを体感できるサウンドデバイスを開発した。合わせて、その活用法を提案し、開発したサウンドデバイスとその活用法について論述した。