タナカ アツコ   TANAKA, Atsuko
  田中 敦子
看護学部 看護学科
助教
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2014/12
形態種別 学術雑誌
査読 査読あり
標題 児童・思春期精神科病棟に勤務する看護師の看護実践の卓越性と看護経験
執筆形態 共同
掲載誌名 日本看護科学会誌
掲載区分国内
巻・号・頁 第34巻(第1号),11-18頁
著者・共著者 船越明子、土田幸子、土谷朋子、服部希恵、宮本有紀、郷良淳子、田中敦子、アリマ美乃里
概要 児童・思春期精神科病棟に勤務する看護師の看護実践の卓越性と看護経験の関連を明らかにすることを目的に、「看護実践の卓越性自己評価尺度」と看護経験について自記式質問紙調査を実施し、分散分析またはt検定を用いて分析した。児童・思春期精神科看護は専門性が高く、成人の精神科での臨床経験の一部が活かされるものの、主に当該領域の臨床看護の経験によって看護実践の卓越性が高められると考えられた。