カワイ ヨウコ   KAWAI, Yoko
  河合 洋子
看護学部 看護学科
教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2019/06
形態種別 学術雑誌
査読 査読あり
標題 看護系大学における慢性疾患の学生に対する授業での困り事と対応の実態
執筆形態 共同
掲載誌名 高等教育と障害
掲載区分国内
出版社・発行元 一般社団法人 全国高等教育障害学生支援協議会
巻・号・頁 1(1),52-60頁
著者・共著者 河合 洋子・大見サキエ・合田 友美・滝川 国芳
概要 本研究の目的は,慢性疾患の学生に対して教員の授業での困り事と対策の実態を明らかにすることである。2015年11月,日本看護系大学250校を対象に無記名質問紙調査を行い,90校より回答を得た。慢性疾患の学生が1名以上在籍する大学は約80%で,おもな疾患は糖尿病,てんかん,悪性新生物等であった。授業で特に困った内容は,講義はてんかん発作,演習では運動制限であった。実習では同様の困り事に対し,実習施設との調整や受け持ち患者の選定,緊急時の対応をしていた。慢性疾患の学生支援で困難なこととして,『学生の情報の保護と管理が困難』,『自己申告のため対応が困難』,『学生への関わりが困難』,『学部・学科の支援体制の整備不足による困難』,『本人・家族の認識不足からくる困難』など6のカテゴリーが抽出された。慢性疾患の学生を支えるためには,学生支援体制を整えるなど組織として取り組むこと,また学生の自立を支えるために教員をサポートすることが重要である。