カワイ ヨウコ   KAWAI, Yoko
  河合 洋子
看護学部 看護学科
教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2019/03
形態種別 学術雑誌
査読 査読あり
標題 小児看護学実習における外来実習での看護学生の学びの実態
―テキストマイニングによる実習記録の解析から―
執筆形態 共同
掲載誌名 日本小児看護学会誌
掲載区分国内
出版社・発行元 日本小児看護学会
巻・号・頁 28,107-112頁
著者・共著者 合田 友美・河合 洋子
概要 3日間の実習記録の記述内容 (テキストデータ) から外来実習における学生の学びに関する部分を取り出し、テキストマイニング・アプローチを用いた分析を試みた結果、172文が抽出され、総抽出語数は2,371語であった。3日間を通して最頻出語は 「子ども」 であり 「親」 、 「家族」 が常に上位に出現し、3日目のみ 「医師」 を認め、 「処置」 だけでなく 「治療」 や 「検査」 「指導」 など、経験場面に関する単語の出現回数が増した。1日目は、対象の 「不安」 の大きさを知り、 「不安」 を 「軽減」 することの必要性を理解した。2日目は、 「安心」 して 「診察」 を受けられるよう対象に 「伝える」 ことや 「説明する」 ことが 「大切」 であることを理解していた。そして、3日目は家庭療養をスムーズに行うために、 「子ども」 だけでなく 「親」 の 「声」 を聴き 「医師」 とつなぐ 「支援」 や 「指導」 も外来看護の役割の一つであることをつかんでおり、3日間で学びの深まりを認めた。
researchmap用URL https://www.jstage.jst.go.jp/article/jschn/28/0/28_28_107/_pdf/-char/ja