オオノ アキコ   OONO, Akiko
  大野 晶子
看護学部 看護学科
准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2001/09
形態種別 その他(論文)
標題 緩和ケア病棟開設期におけるケアの質の構築に関する研究
執筆形態 共同
掲載誌名 笹川医学医療研究財団研究業績年報
巻・号・頁 119-123頁
著者・共著者 共著者:安藤詳子、松村悠子、前川厚子、西川(大野)晶子
概要 本研究は、緩和ケア病棟開設期に積極的に導入するべきことと十分に留意して判断すべき特徴的問題を明らかにして、緩和ケア病棟におけるケアの質を構築することを目的とした。新設したY病院緩和ケア病棟に入院した患者遺族117名および看護婦の両者に対して質問紙調査を実施した。遺族に対する調査結果は、交通の利便性や排泄・入浴に関する物理的環境には概ね満足を示した。ケアについては、十分な説明や痛みや症状に対するケア、体調に合わせたケアへのニーズが高いことが明らかになった。また、看護婦に対する調査結果では、患者・家族の不安に応じるケア、死を迎える準備に関するケアについてニーズの必要性を感じていた。しかし、看護婦はコミュニケーションの混乱、知識不足にストレスも感じていた。両者の結果から、ケアの質を向上させるためには、地域に根ざした医療環境、質の向上をめざした看護システムや臨床能力向上のための教育システムの充実、患者のQOLを高めるための生活環境の充実が重要であることが明らかになった。担当部分:質問紙作成、データ分析・考察