ニシムラ ナオキ   NISHIMURA, Naoki
  西村 直記
スポーツ科学部 スポーツ科学科
准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1993/12
形態種別 学術雑誌
標題 ステアミル運動中の連続血圧測定
執筆形態 共同
掲載誌名 『関西臨床スポーツ医・科学研究会誌』
掲載区分国内
巻・号・頁 3,97-99頁
担当範囲 研究統括
著者・共著者 西村直記、宮側敏明、武田ひとみ、宮本忠吉、藤本繁夫、他1名(1番目)
概要 運動処方の実践機器として開発されたステアミル(階段式トレッドミル)運動中の血圧、心拍数および酸素摂取量を連続記録し、その生体負担度をトレッドミル歩行時や自転車駆動時と比較・検討した。本研究の結果、最大下運動時でのステアミル運動中の生体負担度は、トレッドミル歩行時や自転車駆動時よりも低いが、最大運動時では最も生体負担が大きいことが明らかとなった。