エグチ ノリオ   EGUCHI, Norio
  江口 昇勇
スポーツ科学部 スポーツ科学科
教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1997/03
形態種別 大学研究所等紀要(論文)
標題 “ことば・まなざし・こころ”の臨床-村上英治の遺したものから-
執筆形態 共同
掲載誌名 『名古屋大学教育学部心理教育相談室紀要』
掲載区分国内
巻・号・頁 12,13-15頁
担当範囲 恩師村上英治との関係を記述した pp.13-15
著者・共著者 後藤秀爾、池田豊應、松本真理子、高橋昇、森田美弥子、江口昇勇
概要 他界された村上英治先生に指導を受けた者がそれぞれ先生から受け継いだ哲学や教育理念、臨床態度、生き方の神髄について語った。筆者は村上先生との関係を、「父なるもの」との相克という葛藤の歴史として描いた。理学部から障害児研究のために教育学部に転学部した時からお世話になったが、その後専門領域を次々と変更し、その都度、先生を煩わせてきた。しかし、私にとっては必死の人生の彷徨であった。時には厳しい叱責を受けながらも、私にとっては「父なるもの」の永遠の存在であり、先生との相克の中で自分の人なりを形成させてきたと考える。