エグチ ノリオ   EGUCHI, Norio
  江口 昇勇
スポーツ科学部 スポーツ科学科
教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1990/03
形態種別 学術雑誌
標題 モラトリアムを続ける青年の夢分析
執筆形態 単独
掲載誌名 『心理臨床』
掲載区分国内
巻・号・頁 3(1),3-4,25-30頁
概要 大人に潜む思春期心性の特集を担当し、巻頭言を述べた後、筆者は本論で思春期心性を「おさなごころの君」と名付けた。人間は子どもから大人に成長する過程で、思春期心性=おさなごころを捨てることになり、思春期内閉としてこもるようになるが、それはあくまで外見的、表層的現象であり深層世界では依然「おさなごころ」は生きいる。本当に「おさなごころ」を失った大人は形骸化した存在となり中年期危機を迎えることになる。本論ではロリータ・コンプレックスを持つ作曲家(自己愛人格障害)を事例として、上記の視点から考察した。