エグチ ノリオ   EGUCHI, Norio
  江口 昇勇
スポーツ科学部 スポーツ科学科
教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1986/03
形態種別 大学研究所等紀要(論文)
標題 煉獄の世界を生きる青年(Ⅱ)-箱庭療法過程-
執筆形態 単独
掲載区分国内
出版社・発行元 『同朋社会福祉』
巻・号・頁 (14),35-59頁
概要 「煉獄の世界を生きる青年(Ⅰ)-心理療法と精神病理-」に続いて、本論では箱庭療法過程を中心に考察した。治療経過の中で不幸にして母親を亡くした本例の箱庭の中心テーマは、母に投影された「グレート・マザー」との凄惨な闘いと母への喪の仕事であった。治療者と共に母親への喪の仕事を済ませた本例は、主訴である強迫症状も軽減して立ち直っていった。しかし、視線恐怖の症状は母親に対する本例の罪責感として残されるものと考察された。