ゴウヤ トシアキ   GOYA, Toshiaki
  合屋 十四秋
スポーツ科学部 スポーツ科学科
教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2014/03
形態種別 大学研究所等紀要(論文)
査読 査読あり
標題 コミュニケーション・ツールとしてのスポーツ科目の展開ーオリエンテーリングを題材としてー
執筆形態 共同
掲載誌名 愛知教育大学教育創造開発機構紀要
掲載区分国内
出版社・発行元 愛知教育大学
巻・号・頁 4,181-186頁
担当範囲 40%
著者・共著者 松澤 俊行、合屋 十四秋
概要 近年、大学生の運動不足に加え、コミュニケーション能力が低いことが指摘されている。本稿では、スポーツ科目にオリエンテーリングを題材として展開し、その効果と今後の方策を検討した。その結果、1)問題解決能力・情報処理能力、2)グループコミュニケーションの促進、3)困難克服経験の獲得、4)新しく面白いゲームの体験などにその成果がみられ、論理的な思考がグループで話し合いながら課題解決し、知的好奇心を促進することが確認された。