マツオ シンゴ   MATSUO, Shingo
  松尾 真吾
健康科学部 リハビリテーション学科
助教
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2012/07
形態種別 その他(学外)
標題 炎症症状の測定法
執筆形態 共同
掲載誌名 『理学療法』
巻・号・頁 29(7),810-815頁
著者・共著者 ◎岩田全広,松尾真吾,土田和可子
概要 炎症症状のーつである局所の皮膚温度上昇は,生体自身の異常を知らせる重要な信号である。その異常を客観的に測定することが可能とされるサーモグラフィの測定方法および各疾患における有用性について示した。